【無料】関連キーワードを取得するツール3選

SEO対策を考えるならコンテンツが必要だ! と最近はよく言われますが、
「どんなコンテンツを作れば良いのだろう?」と悩んでいる方も多いと思います。
そしてアクセスを集めるコンテンツを制作するときに重要なのがキーワード選び
この記事を読むとアクセスを集めるためのキーワードの探し方が分かるようになります。
しかも、無料ツールを使います。

大量のアクセスをあなたのサイトに集めるためにはホントにコンテンツが必要です。
SEO対策を考える上でも、最も大切なのはコンテンツを充実させることです。
だからといって、安易にコンテンツを作りまくれば良いと言うわけではないのです。
正しい考え方で、正しいロジックでコンテンツを作っていきましょう。

検索されているキーワードを調べるツール2選

私が普段使っているのは次の2つです。

これらのツール「関連キーワードツール」とか「Googleサジェストツール」とか呼ばれます。
サジェストというのは、Googleの検索窓にキーワードを入力すると、それに関連してよく検索されているキーワードが表示される機能がありますけど、それのことです。

Googleサジェスト

これからコンテンツを制作しようと言うときに、どんな検索がされているのかがわかると便利ですよね。
この検索キーワードを一気に集めてくれるのが先に紹介した関連キーワードツールです。
以下、簡単な使い方と便利なポイントをご紹介します。

goodkeyword

goodkeyword

goodkeyword

Googleサジェスト,Bingサジェスト,マルチサジェスト,楽天サジェスト,GooglePlayサジェストを調べることができます。使い方は簡単。調べたいキーワードを入力して検索ボタンを押すだけ。

goodkeywordが使いやすいと思う理由は2つ。

  1. Googleトレンドの動向を示してくれること
  2. 検索結果を一発コピーできること

「クリスマス」と検索すると下図のようになります。

goodkeyword クリスマス

キーワードのリストが確認できるのと、画面右側のテキストボックスでキーワードをコピーでき、その下のグラフがGoogleトレンドの動向です。

なぜ、キーワードリストがコピーできると嬉しいのかは後で説明いたします。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

こちらはGoogleサジェスト、教えて!goo、Yahoo!知恵袋からデーターを引っ張ってきてくれます。
私が関連キーワード取得ツールを使う理由は次の3つ

  1. 関連キーワードが50音純にならぶ
  2. Yahoo!知恵袋のリストが表示される
  3. キーワードが一発でコピーできる

先ほどと同様に「クリスマス」と入力してみました。

関連キーワード取得ツール クリスマス

関連キーワードが50音純にならぶと便利なのは、例えば関連キーワードに「ウェディング」があるだろうと考えていたら「う」の蘭を確認すれば良いので、自分のアタマの中と、検索市場の整合性を確認するのにとても便利なのです。もちろん、自分の思いよりも市場をしっかり確認することの方が大切なのですが。

Yahoo!知恵袋のリストが表示されるのも便利です。コンテンツを制作するときには必ずYahoo!知恵袋でどんな質問がされているのか確認しますから。この段階で確認が、しかもリストでできるのは本当に助かります。

キーワードが一発でコピーできるとなぜ便利なのかは次の項目で説明します。

キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる

Google広告(旧 Google Adwords)の機能の中に「キーワードプランナー」があります。
先にご紹介したツールでは、キーワードを調査することはできますが、検索ボリュームを知る事はできませんでした。そこで、各ツールで取得したキーワードをコピーして、キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる方法をご紹介します。

まずはGoogle広告にログインし、アカウントを選びます。
画面一番上のスパナのアイコン「ツール」から「キーワードプランナー」を選択してください。

キーワードプランナー画面

「検索ボリュームと間作の予測を取得しましょう」をクリックして、先に紹介したツールで取得したキーワード群をコピペしまます。ツールにキーワードリストをコピーできる機能が付いているのが便利だと言ったのは、ここで使うからでした。

キーワードプランナー クリスマス

キーワードをコピペしたら「開始する」をクリック

キーワードプランナー 一覧

この画面では広告のプランニングをするために必要な情報が出ます。
過去の検索ボリュームを調べるには画面上部の「過去の指標」をクリックします。

キーワードプランナー 検索ボリューム

これで検索ボリュームが取得できました。
なお、ここで取得できたデータはCSV形式でダウンロードすることができます。
画面上部の「キーワードをダウンロード」をクリックするだけです。

リストからキーワードを抽出する

ここまでで取得できたのはキーワードの一覧です。
この中から、コンテンツ化するキーワードを探し出していきます。
この時、検索ボリュームが少なすぎるとニーズの無いコンテンツになりますし、多すぎるとビッグキーワード過ぎて様々なニーズが含まれるためコンテンツを作りにくくなります。

これからコンテンツを作ることによって、どの様な人の、どの様なニーズを満たすことを目指すのか、をよく考え、キーワードリストと向き合い、あなたにとっても、読者にとっても最高の結果を導き出すコンテンツを制作していく必要があります。

キーワードを選ぶ際には、あなたのコンテンツがキーワードを検索し始めた初期段階でリーチすれば良いのか、意思決定をする直前にリーチすべきなのか、などビジネスモデルによって変わってきます。
また、一発決め打ちではなく、PDCAをまわしながら精度を高めていく必要もあります。

まとめ

関連キーワードを取得する3つのツールと使い方について説明してきましたがいかがでしたか?
このようなツールを使いこなすことによって、思い込みでは発見できなかったキーワードと出会うことがよくあります。それぞれが無料で提供されているのも凄いことだと思います。
ぜひ、これらのツールを使いこなして、大量のアクセスをあなたのサイトに集めるコンテンツ制作を目指してください。

ホームページの悩みは無料相談会で解決しましょう

こちらの記事もお勧めです。
【厳選一択】XML形式のサイトマップを無料で作成できるツール
リダイレクトチェックツール Search Engine Friendly Redirect Checker

■□■ 最後までお読みいただき、ありがとうございます。■□■
この記事が役に立ったと感じていただけましたら、ブログなどでご紹介いただくか、下のソーシャルメディアでご紹介いただければ感謝です。
ありがとうございます。m(. .)m

 

SEOコンサルティング、WEBマーケティングはトゥルース

にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへにほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへにほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ